消費者金融と銀行融資、どちらが良い?

現在お金を借りられる先としてあるのが消費者金融と銀行の二つで、どちらも所定の審査をクリアすればある程度の額の借り入れが可能です。ただお金を借りることが出来るという点では共通しているものの、特徴は全く異なるものとなっていますから利用の際には状況に合わせて選ぶことが大切です。
ではどういった形で使い分ければ良いのかというと、まず大切になるのは用途による使いわけです。消費者金融からの借り入れは一般的にフリーローンと呼ばれる使途を限定しない借り入れであるのに対し、銀行からの借り入れはカードローンなどで無い限り使途が限定されているものがほとんどです。例えば住宅ローンなどは使途が限定されたローンであり、消費者金融のように自由に使うことはできません。明確に購入する商品が決まっているのならば銀行、そうでないのならば消費者金融として選ぶとよいでしょう。
また別の観点からすると借り入れ額で使い分けることも可能です。消費者金融の場合は金利が高いために素早く少額の借り入れをするという際には活躍できますが、もし数十万円、百万円以上などの額を借りるのであれば金利が低い銀行系のカードローンを活用した方が無難です。金利が低い分審査は厳しめの基準で行われますが、しっかりとした信用があればすぐに断られるということはありません。
どちらも特徴が異なり上手く使い分けてこそ真価を発揮するものとなりますから、利用の際にはしっかりと考えて使うようにしてください。
キャッシング審査を早く通過するには?【キャッシングの審査時間】はこちら